リョウシンJV錠は膝蓋骨軟骨軟化症によるひざの痛みを改善する?

リョウシンJV錠の膝蓋骨軟骨軟化症への効果は?

ケガやひざの関節の疲労が原因で起こるひざの痛みの1つに「膝蓋骨軟骨軟化症」(しつがいこつなんこつなんかしょう)があります。

 

リョウシンJV錠は、膝蓋骨軟骨軟化症によるひざの痛みに効果はあるのでしょうか?

 

膝蓋骨とは、ひざのお皿の部分です。このひざのお皿の内側にある関節軟骨が軟化し、劣化する病気が膝蓋骨軟骨軟化症です。

 

症状としては、運動後に、ひざが腫れたり痛んだりします。ひざのなめらかな動きは、関節軟骨に守られているおかげですが、その関節軟骨が劣化すると、ひざを動かす時に、ゴリゴリっとした音や痛みを伴います。

 

主に、スポーツが引き金で起こる病気で、10代から20代の女性に患者が多いといわれています。

 

ただし、30代以上であってもひざの関節炎を患っていると発症する可能性があります。

 

治療法は、まず安静を保ちます。その上で、サポーターなどでひざを固定したり、ひざの炎症を抑える薬物治療、太ももに筋肉を鍛える運動療法になどがあります。

 

このように、治療の基本は、保存療法で痛みを緩和することです。

 

では、リョウシンJV錠は、膝蓋骨軟骨軟化症によるひざの痛みの緩和は期待でるのでしょうか?

 

リョウシンJV錠には、痛みを緩和する成分「シアノコバラミン」や「ピリドキシン塩酸塩」、血流をよくする「トコフェロール酢酸エステル」が配合されているので、けがや疲労によるひざの痛みに有効とされています。

 

ただし、あくまでも痛みの改善に作用するのであって、治す働きはありません。もし、リョウシンJV錠を飲んでも痛みに改善が見られない場合には、医師の診察を受けた方がいいでしょう。

 

リョウシンJV錠は、初回半額でお試しができるので。ひざの痛みが気になる人はぜいいちどお試しください。

 

リョウシンJV錠

初回半額は公式サイト

↓↓↓