リョウシンJV錠が効かない!それには理由があります

リョウシンJV錠が効かない!なぜ?

リョウシンJV錠を飲んでみたけど、効かなかった・・・、それには理由があります。

 

リョウシンJV錠は、テレビCMでもおなじみの富山常備薬グループの医薬品です。

 

医薬品なので、サプリメント違い、効果・効能は国から認められています。

 

ひざの痛みで悩んでいた私も、リョウシンJV錠のおかげで、かなりひざの痛みが軽くなってきました。

 

実際にひざや腰などの関節痛が改善されたという声も多くあるようですが、中には「効かなかった」という人もいるようです。

リョウシンJV錠が効かない理由

実はリョウシンJV錠は特定の病名が付いている人には効果がありません。

  • 坐骨神経痛
  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 慢性関節リウマチ
  • 痛風

もし上記の病気で痛みを抱えている人は、リョウシンJV錠を飲まないでください。無駄になってしまうので。

 

リョウシンJV錠の公式サイトにも、きちんと記載されていますが、一刻も早く痛みを改善したいとあせって注文してしまうと見落としてしまう可能性がありますよね。

 

ではリョウシンJV錠はどんな痛みに効果があるのでしょうか。

リョウシンJV錠が効果的な症状

リョウシンJV錠が痛みを緩和する症状

  • ひざ・腰・肩などの関節痛、神経痛
  • 筋肉痛・眼精疲労

でも、ひざの痛みでリョウシンJV錠を飲んだけど効かなかった!そんな人はどうなのでしょうか。

 

痛みの程度によって、効果を感じるまでの期間には個人差があります。。症状が重いほど、時間がかかります。

 

飲めばすぐにピタッと痛みがなくなると期待して飲むと、効かなかったという風に感じてしまいます。(※ただし、毎日決められた量を1か月間きちんと飲み続けても全く効果がない時には、いったん止めてお医者さんに行きましょう。)

 

リョウシンJV錠はひざの痛みを完治させるお薬ではありません。あくまでも、痛みを緩和することに特化しています。

 

関節痛には運動療法などで筋肉をつけて悪化を防ぐ必要があります。でも、ひざが痛いと運動すること自体が難しいですよね。

 

そこで、リョウシンJV錠の出番です。リョウシンJV錠で痛みを軽くすることによって、ストレッチや筋肉をつけるための運動ができるようになります。
まずは、リョウシンJV錠でひざなどの痛みを緩和しながら、リハビリやストレッチ、運動療法で痛みのない普通の生活が送れるようにしていくことが大切です。

 

もちろん、気長に続ける必要がありますが、リョウシンJV錠は痛みを抑えるために役立つはずです。

 

リョウシンJV錠は、痛みのサポートとして長く続けていけるように値段もお手頃となっています。初回はお試しで半額、さらにお得な価格になる定期コースもあります。

 

ここなら3,800円→

1,900円で購入できます。