リョウシンJV錠の眼精疲労への効果は?

リョウシンJV錠は眼精疲労を緩和する効果があるの?

リョウシンJV錠は眼精疲労に効果があるのでしょうか?

リョウシンJV錠の外箱には、ひざ・腰・肩などの関節痛・神経痛と大きく表記されていますね。「眼精疲労」は、側面の効果・効能のところに小さく記載されていました。

 

まず私の場合は、眼精疲労の緩和に効果がありました。

 

普通の疲れ目は、一晩眠れば解消することが多いのですが、眼精疲労は、休息をとっても症状が取れなかったり、すぐにぶり返してしまいます。

 

一晩寝ただけではどうにもならない眼精疲労も、リョウシンJV錠を飲むと、かなり症状が軽くなりました。

眼精疲労とはどんな症状?

眼精疲労とは、視作業(眼を使う仕事)を続けることにより、眼痛・眼のかすみ・まぶしさ・充血などの目の症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、休息や睡眠をとっても十分に回復しえない状態をいいます。

引用元:日本眼科学会

疲れ目と眼精疲労の違いは

恥ずかしながら、疲れ目と眼精疲労は同じものと思っていましたが、違うんですね。

  • 疲れ目は、一晩ぐっすりと眠れば解消する疲れ
  • 眼精疲労は、目の奥が痛くなったり、頭痛や肩こりなどの症状が出て、休息をとっても慢性的に繰り返す症状です。

眼精疲労の方が、症状として重いのです。
単なる疲れ目だから大丈夫というわけではなく、疲れ目が蓄積すると眼精疲労に発展する可能性は十分にあります。

 

眼精疲労の主な症状は大きく2つに分けることができます。

  1. 目の症状

    目がかすむ・痛い・充血する・重い・まぶしい・ドライアイになる

  2. 身体の症状

    肩こり・頭痛・めまい・吐き気

眼精疲労は、目だけではなく、身体全体にもさまざまな不調が現れるのが特徴です。

 

原因としては、パソコンやスマホによる目の酷使が最も多く、目を酷使しないようにするのが一番なのですが、仕事などでそういうわけにはいかない場合がありますよね。

 

そんな時に、リョウシンJV錠で眼精疲労の症状を緩和してみるといいかもしれません。

 

ただし、眼精疲労には、別のの病気が隠れている場合もあります。

 

例えば、ドライアイ、緑内障や白内障、眼瞼下垂などの病気が起こっている可能性があります。また、メガネやコンタクトレンズがあっていない場合もあります。

 

ですから、眼精疲労がひどい場合には、眼科で検査をしてもらうことも大切です。

 

何が原因で眼精疲労が起こっているのかを知り、その上でリョウシンJV錠が自分の眼精疲労には効果的ならば、試してみることをオススメします。

 

リョウシンJV錠

初回半額はこちら

↓↓↓