リョウシンJV錠は五十肩の痛みを緩和する?

リョウシンJV錠は五十肩に効果はある?

肩が痛い・腕が上がらない・・・そんな五十肩のつらい症状にリョウシンJV錠は効果があるのでしょうか?

 

結論から言うと、リョウシンJV錠は五十肩の痛みにも有効であると効果・効能に記されています。

 

五十肩といえば、肩が痛い、腕が上がらないなどが代表的な症状で、40代から60代にかけて発症するために、四十肩または五十肩と呼ばれています。

 

医学的な正式名称は「肩関節周囲炎」といい、加齢などで血流が悪くなり、肩の周りの組織が炎症を起こします。

 

症状としては、痛みや腫れがあり、腕が上がらないなど動きに制限が出ます。

 

五十肩を肩こりの一種と勘違いして放置しておくと大変なことになる可能性が・・・

 

五十肩は肩こりとは違います。

 

肩こりは、筋肉の疲労や緊張、血行不良などが原因で起こり、五十肩は肩の周辺の関節の炎症が原因で起こります。

 

五十肩になると、腕を動かすときに激しく痛んだり、寝返りをうつだけでも痛んだりします。そして、肩だけではなく、肩から腕にかけて痛みやしびれが出ます。

 

五十肩のもう1つの特徴は、時間がたつと自然に治ることです。その期間には個人差はありますが、約半年から1年くらいです。

 

ただし、治るからそれでいいわけではありません。

 

痛いからといって、肩や腕を動かさないようにしていると、次第に関節の動く範囲が狭まり、日常生活にも支障が出るようになります。

 

そして痛みが取れた後でも、肩が元のように動かなくなり、最悪の場合は運動障害が残ることがあります。

 

五十肩を治すためには、肩を温めたり、運動やストレッチで肩を動かすようにします。

 

五十肩の痛みを緩和するリョウシンJV錠

リョウシンJV錠は痛みを緩和する医薬品です。

 

「シアノコバラミン」「ピリドキシン塩酸塩」「ガンマーオリザノール」が痛みを緩和し、「トコフェロール酢酸エステル」が血流を促進します。

 

痛みが改善すれば、肩を動かしやすくなり、五十肩の悪化を防ぐことができます。

 

五十肩の痛みを緩和して、悪化を防ぎたい人は、リョウシンJV錠のお試しをオススメします。

 

リョウシンJV錠は、公式サイト限定で初回半額でお試しができます。