リョウシンJV錠の口コミ・効果【膝の痛みには医薬品です】

リョウシンJV錠を選んだ理由

リョウシンJV錠は、北陸富山にある富山常備薬グループの医薬品です。膝の痛みを抱えていた私は、以前からよくテレビCMで見かけてたリョウシンJV錠が気になっていました。

とにかく膝の痛みをなんとかしたい!慢性的に膝が痛い!定期的に整形外科に通っていますが、膝の痛みは改善する兆しはありません。

 

普通に歩いても痛い、階段の登り降りで痛い、寒くなるとますます痛い!膝の痛みには運動療法がいいといわれていますが、そもそも膝の痛みで運動できないんですね

 

ウォーキングも歩きすぎるとダメ、しかも、太っているので、余計に膝に負担がかかっています。ダイエットのために、運動やウォーキングをしたいけど、膝の痛みで無理→膝をかばって動かさなくなるので、膝の周りの筋力が落ちる→さらに膝の痛みが悪化

 

この負のスパイラルを断ち切るためには、まずは膝の痛みを緩和するしかない!

 

こんな風に悩んでいると、関節痛、膝や腰の痛み、五十肩に効くというサプリのCMが自然と目に入ってきます。

 

その中で、リョウシンJV錠を選んだのは、医薬品だからです。確実に膝の痛みを改善するなら、サプリよりも医薬品です。

 

初回1,980円

リョウシンJV錠

公式ページはこちら

↓↓↓

http://ryoushin-jv.com/

医薬品とサプリの違い

サプリは健康食品

不足しがちなビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養補給を補助することや、ハーブなどの成分による薬効の発揮が目的である食品である。Wikiより引用

サプリは栄養補給に摂取するのに適しています。

 

医薬品は病気の予防や治療を目的としたもの
効果・効能・効き目について、臨床試験が行われ、国から承認を受けていてます。

 

せっかく飲むなら、膝の痛みに対して、効果・効能が承認されている方がいいですからね。

リョウシンJV錠を選んだ理由

  • 効果・効能が認められた医薬品
  • 痛みを緩和する成分が配合されている
  • コスパが良い

リョウシンJV錠の口コミ

リョウシンJV錠がやってきました。

※1ビン93粒入り(1日3粒1か月分)

 

服用は1日1回でOK!いつ飲んでも良くて、1回で済むのがいいですね。もちろん、分けて飲んでもいいそうです。ニオイは無臭で、糖衣錠なので甘みはありますが、飲みやすいです。

 

鮮やかな黄色ですが、着色料ではなく、成分の1つビタミンB2の色です。

 

リョウシンJV錠を飲んだ私の感想

リョウシンJV錠を3箱飲み終わった頃、ひざの痛みが以前よりの和らいだような気がします。

これからは、膝の周りに筋力をつけるためにウォーキングを始めるつもりです。膝の痛みをなくすためには、根気がいると思いますが、時間をかけて無理せずやっていこうと思っています。

 

今回、もう1つ加えておきたいことがあります。

 

膝の痛みに効く医薬品といえば、グルコサミンやコラーゲン、コンドロイチン、サメの軟骨成分などが配合されたものが人気ですが、あえてリョウシンJV錠を選んだのには理由があります。
実は、こうした成分を薬で摂取しても、すり減ってしまった軟骨は再生しないといわれているからです。

 

例えば、コラーゲンは美肌にいいといわれていますが、経口摂取して、いったん分解、吸収されると、体内でもう一度コラーゲンとして再構築されることはないそうです。(コラーゲン=美肌は日本独自の神話だそうです)

 

膝の痛みには、炎症を鎮めて、痛みや腫れをとること。これによって、関節の軟骨の破壊を防ぎ、運動療法で筋力をつけることができるようになります。

 

グルコサミンやコラーゲン、コンドロイチン、サメの軟骨成分などが配合された医薬品はその分値段も高いし、効果が期待できない可能性がある以上、必要ないと思い、痛みを緩和することに特化していて、値段も手ごろなリョウシンJV錠を選びました。

公式ページから

リョウシンJV錠を

初回1,980円で購入できます

↓↓↓

http://ryoushin-jv.com/

リョウシンJV錠の最安値販売店は?

リョウシンJV錠が購入できるのは公式サイトからだけです。

 

リョウシンJV錠は薬局では売っていません。通販限定の商品ですが、大手通販サイトの楽天やアマゾンでも取り扱いはありませんでした。

 

公式サイトから、初回は半額の1,980円で購入できます。

初回限定

1,980円
送料700円

2回目以降

3,800円
送料700円

リョウシンJV錠は、初回半額になりますが、2回目以降は通常価格の3,800円に送料の700円もかかります送料を無料をするためには5,000円以上購入する必要があります。でも、送料が無料になって、その都度注文する手間を省く方法があります。それが定期購入です。

 

ただし、リョウシンJV錠を初めて購入する時には、定期コースの選択肢はありません。リョウシンJV錠1回目の購入後に、定期購入の案内が届きます。

 

初回は1回買い切りの形になるので、解約の手間が不要なのがいいですね。まずは1か月間飲んで、リョウシンJV錠の効果をじっくりと体感してから、継続するかを検討することができます。リョウシンJV錠を、引き続き利用したい時には、定期購入がオススメです。

2箱コース

7,776円(5%オフ)
3,888円(1箱あたり)

3箱コース

11,016円(10%オフ)
3,672円(1箱あたり)

4箱コース

13,824円(15%オフ)
3,240円(1箱あたり)

おまとめ定期コースのメリット

  • 割引価格になる
  • 送料・代引き手数料が無料

リョウシンJV錠は、たくさんまとめるほど、価格も安くなります。2回目以降から申し込んでもOKですが、もう少し様子を見たい場合でも、いつでも定期コースに変更することができます。

リョウシンJV錠にお試しはあるの?

リョウシンJV錠のお試しは、残念ながらありません。初回購入が半額になるので、これをお試しと考えていいと思います。

 

通販にありがちな「初回お安くなる代わりに、2〜3ヵ月間購入する約束が付く」ということは、リョウシンJV錠にはありません。最初から、継続購入のに約束が付いていると、効かなかったり、体質的に合わなかったらと心配になりますが、リョウシンJV錠は余計な心配なしに購入することができます。とても良心的な姿勢を感じます(^^)

 

リョウシンJV錠の成分と効果

リョウシンJV錠は、富山常備薬グループの薬で、膝の痛みなどの関節痛や神経痛に効果があると厚生労働省から認められた医薬品です。

 

関節痛や神経痛を緩和する成分

シアノコバラミン
ビタミンB12の一種で、眼精疲労に効果があるといわれています。眼精疲労の目薬の主成分でもあります。ほかにも、エイジングケアの化粧品に保湿剤として使われたり、育毛剤にも配合されています。

 

ピリドキシン塩酸塩
ビタミンB6の結晶体で、たんぱく質や脂質の代謝を促進して、痛みを緩和します。

 

ガンバ-オリザノール
玄米や米ぬかに含まれている栄養成分の1つで、ポリフェノールの一種です。抗炎症作用や筋肉疲労防止などの作用があります。

 

また、優れた抗酸化作用があり、血行を促進、コレステロールの減少など生活習慣病の予防や改善に効果的で、医薬品や化粧品などに幅広く使用されています。

血行促進・栄養補給成分

トコフェロール酢酸エステル
トコフェロール酢酸エステルとは、ビタミンE誘導体のことで、血行を促進する働きがあります。

 

フルスルチアミン塩酸塩
ビタミンB1誘導体です。ビタミンB1は疲労回復に有効な栄養素ですが、吸収されにくい性質があります。これを体内に吸収しやすいようにしたのがフルスルチアミン塩酸塩です。アリナミンやユンケルなどメジャーな栄養ドリンクに含まれている成分でもあります。

 

パントテン酸カルシウム
ビタミンB5の一種で、炭水化物・脂質・タンパク質の代謝を促進する働きがあり、皮膚や髪を健康・正常に保つ働きがあり、ビタミン剤の栄養補給の働きもあります。

 

上記の6つの有効成分が

  1. 関節痛・神経痛・筋肉痛・眼精疲労を緩和
  2. 肉体疲労時・妊娠授乳期・病中病後の体力低下時の栄養補給

リョウシンJV錠の副作用

リョウシンJV錠は、医薬品なので副作用が起こる可能性はないとはいいきれません。リョウシンJV錠に限らず、医薬品には効果がある反面、副作用のリスクもあります。

 

副作用に関しては、リョウシンJV錠の公式サイトに以下のような記載があります。

 


リョウシンJV錠の副作用として、吐き気、嘔吐、胃部不快感などの症状が出る場合がありますが、その際には服用を直ちに中止して、医師や薬剤師に相談しましょう。

 

ただし、リョウシンJV錠は第3類医薬品なので副作用のリスクは低く、安心して飲める医薬品です。

 

第3類医薬品とは何か?まず、医薬品は、リスクに応じて「医療用医薬品」と「一般用医薬品」に分類されます・

医療用医薬品

医師・薬剤師の指導が必要な薬
医者が、患者の症状に応じて、処方箋を出し、それに基づいて薬剤師が調剤する薬で、強い効き目がある代わりに、重い副作用が出る可能性もあります。

一般用医薬品

薬局やドラッグストアなどで、処方箋なしに購入できる市販薬のことで、副作用の度合いに応じて、「第1類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」に分類されます。

  1. 第1類医薬品

    副作用のリスクがあり、特に注意が必要なために、薬剤師による対面販売(書面による説明)が義務付けられている医薬品。薬局で、薬剤師に後ろに置いてあるような直接手に取れない薬になります。

  2. 第2類医薬品

    副作用のリスクがあるために、薬剤師または登録販売者による説明提供をすることになっている医薬品

  3. 第3類医薬品

    第1類・第2類以外で、薬剤師や登録販売者による説明の義務がない医薬品

 

第3類医薬品であるリョウシンJV錠は、リスクが低く、比較的安全性が高い医薬品になります。また、リョウシンJV錠の成分は、ビタミン類が主となっているので、ほぼ副作用の心配なしに飲めるといえるでしょう。

現在、一般医薬品は、インターネットでの販売が可能となっていますが、誰でも販売できるわけではありません。

 

医薬品のインターネット販売には、厳しい条件をクリアする必要があり、当然リョウシンJV錠を販売している富士常備薬グループもその条件を満たしたきちんとした会社です。

 

そうはいっても、医薬品なのでリスクがゼロではありません。以下の項目に当てはまる場合には服用に注意が必要になります。

 

リョウシンJV錠の飲み合わせのリスクについて

  • 通院して薬を服用中
  • 妊娠中や授乳中
  • アレルギーがある

上記の場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。

リョウシンJV錠とサプリメントとの併用は、基本的には大丈夫ですが、サプリメントによっては、成分が重複したり、体質や体調によって合わない場合もあるので、心配な人は医師や薬剤師に相談しましょう。

 

過剰摂取はNG!

医薬品はあくまでも、用量や用法を守ってこその安全性です。一度にたくさん飲んだからと言って、効果がより高まるわけではありません。むしろ、副作用のリスクを高めるだけです。

 

リョウシンJV錠の服用量は、1日3粒(成人)。15歳未満は、1日1〜2粒、11歳未満は服用不可となっているので注意しましょう。

リョウシンJV錠が効かない人

リョウシンJV錠は、特定の病名が付いている人には効きません。

  • 坐骨神経痛
  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 慢性関節リウマチ
  • 痛風

リョウシンJV錠の販売元「富山常備薬グループ」とは

リョウシンJV錠の販売元である富山常備薬グループは、2010年に設立された会社で、第3類医薬品を取り扱っています。リョウシンJV錠やキミエホワイトなどテレビCMや通販番組でおなじみの医薬品ですね。

 

リョウシンJV錠の名前の由来は、ずばり「両親」

 

関節痛や神経痛に悩む両親世代に毎日を元気に過ごしてほしいという願いを込めた商品名ということで「リョウシンJV錠」になったそうです。あと「良心的な価格」という意味もあるそうです。確かに、リョウシンJV錠は続けやすい価格設定になっています。

また、医薬品専門のオペレーターに、関節痛や神経痛の悩みを電話で相談できるようになっているのも心強いですね。

リョウシンJV錠を飲んで

リョウシンJV錠は、口コミの評判通り、信頼性のある確かな商品だと思われます。

 

リョウシンJV錠には、関節痛や神経痛を緩和する成分として、シアノコバミン・ピリドキシン塩酸塩・ガンマーオリザノールが配合されていますが、注目すべきはその配合量です。

 

 

医薬品として承認されている最大量を配合しています。

 

さらには、フルスルチアミン塩酸塩・パントテン酸カルシウムといった栄養補給成分や血行促進成分としてトコフェロール酢酸エステルを配合しています。

 

リョウシンJV錠は、関節のサポートに加え、五十肩、筋肉痛、眼精疲労の緩和に効きます。さらには、病中病後の体力低下時、肉体疲労時、妊娠・授乳期の栄養補給ができます。

 

私も、リョウシンJV錠を飲み続けて、以前よりも膝の痛みが大分ましになってきました。

 

でも、リョウシンJV錠だけで完全に膝の痛みが完治するとは思っていません。あくまでも、膝の痛みを軽減する手段の1つとして、リョウシンJV錠を飲んでいます。

 

なにしろ膝が痛いと、つい膝をかばって動かさなくなり、そうなると筋肉が落ちてしまい、ますます膝の痛みを悪化させてしまうといいます。

 

痛みを緩和するリョウシンJV錠は、そういった悪循環を避けるのに最適の医薬品ではないでしょうか。1,980円という良心的な価格で試せるのもいいですね。

 

リョウシンJV錠

半額お試しはこちら

↓↓↓

膝の痛みにはこんな症状があります

膝の痛みといってもさまざまです。

  • 歩くと膝が痛い
  • 走ると膝が痛い
  • 階段の上り下りの時に膝が痛い
  • 膝が痛くて正座できない
  • 安静にしていても膝が痛い

ほかにも

  • 膝を曲げるとポキポキ鳴って痛い
  • 膝を動かすとガリガリ音がして痛い
  • 膝がぐらぐらしたり、ガクッとする

こうした症状は、しばらく安静にしていると治まることが多いために、加齢や疲れのせいによる痛みと思いがちです。

 

ただし、痛みや不快感のために膝をかばって動かさないでいると、次第に膝を動かせる範囲が狭くなってきます。これを可動域制限といいます。やがて、膝の曲げ伸ばしができなくなってしまいます。

 

また、膝を動かす上で太ももの筋肉が重要なのですが、膝を動かさずにいると、太ももの筋力が次第に衰え、膝の機能も衰えてきます。そうなると、立つ、座る、歩く、走るといった動作に支障が生じるようになります。

 

老化現象だから仕方ないとあきらめる前に、自分の膝の痛みの原因を知り、適切な治療や対策をすることが膝の健康を守り、いつまでも元気でいるうえで大切なことです。

更新履歴